カラーコンタクトレンズの度ありの注意点

カラーコンタクトレンズはファッションアイテムとしての
利用が主であるため、今までは視力矯正に必要な度数があり
ませんでした

しかし、最近ではカラーコンタクトレンズにも度ありのものが
販売されるようになりました

つまり、視力矯正が必要な方でもカラーコンタクトレンズを
付けて、おしゃれを楽しむことができるようになったのです

カラーコンタクトレンズはその豊富なカラーバリエーションと
目を華やかに見せるための模様が特徴です

しかし、おしゃれを楽しむためのアイテムと言っても
コンタクトレンズには変わりがないため、正しい使用方法を
守らなければ眼障害を引き起こす可能性があります

カラーコンタクトレンズは女性からのニーズが需要が多く
年々売り上げも伸びているようです

しかし、販売業者の中には薬事法規制外の外国から廉価
質悪のカラーコンタクトレンズを逆輸入し、販売している
ところもあり、そのようなカラーコンタクトレンズは
装用中に色素が溶けてしまうという事例もあり、目の
トラブルも起きています

カラーコンタクトレンズとは言えど、ケアは十分に行い、
あまりにも安価なものは疑った方がいいでしょう

それには販売実績のあるショップを口コミ情報サイトや
ランキングサイトでよく調べておきましょう

カラーコンタクトレンズの通販

今やカラーコンタクトレンズを通販で購入することは当たり前に
なってきました

しかもカラーコンタクトレンズを扱っている店舗を自分の足で
探さなくても、インターネットで検索をすればたくさんのオンライン
ショップがヒットします

その中でも評判が良いオンラインショップとして「007速配コンタクトレンズ」
が有名です

007速配コンタクトレンズではなんと176色ものカラーコンタクトレンズから
選ぶことができ、しかも注文から配達までがとてもスムーズです

カラーコンタクトレンズの返品に関しては、未開封の場合に限り到着後10以内
であれば対応が可能であるということです

大手ながらも対応の迅速さが評判の理由のようです

また、カラーコンタクトレンズの通販で最も売れている商品は
小悪魔agehaで掲載され、読者の中でかなり評判になっている
「ViVian(ヴィヴィアン)」です

自然な発色で、大きめのレンズが特徴です。色も豊富なので自分に
合ったカラーコンタクトレンズを選ぶことができます

ファッションアイテムの必需品になってきたカラーコンタクトレンズですが
やはりコンタクトレンズであるため、ケアが十分にする必要があります

カラーコンタクトレンズの杜撰な管理のため、眼障害を起こした患者の
9割が20代の女性であるという報告があります

また薬事法規制の無い海外からのカラーコンタクトレンズも市場には
たくさん出回っていますので、注意して購入することが必要です

コンタクトレンズギャラリー

コンタクトレンズギャラリーとは大阪、奈良、滋賀に店舗を
持つコンタクトレンズ専門店です

コンタクトレンズギャラリーはショップ名で、経営会社は
「SNY株式会社」という大阪に本社を置く会社です

設立は平成20年と新しいですが、サービスには定評があります

コンタクトレンズギャラリーではオンラインショップも併設
しているのですが、そのオンラインショップで購入した方から
の評価は高いのです

豊富な品揃え、スタッフの迅速な対応、丁寧は梱包、そして何より
安いということが特に評判として挙がっています

購入者の口コミには皆また利用したいと言う感想が寄せられて
います

また、「アキュビュー定期便」というあり、3ヶ月ごとに自宅や
指定した場所へコンタクトレンズを自動配送してくれます

しかも2Weekタイプならケア用品が1年分先に送られてきます

つい買い忘れてもコンタクトレンズが無くなる前に
新しいコンタクトレンズが届くので忙しい方にはぴったりの
サービスになっています

その他にもネットクーポンが利用できたり、店舗では実際に
試着ができるのもうれしいサービスのひとつです

やはりお客様目線のサービスがリピーターを増やし、大阪では
知る人ぞ知る有名なコンタクトレンズ専門店になっています

おすすめのコンタクトレンズ ワンデーアキュビュー

使い捨てコンタクトレンズの「アキュビュー」といえば
ジョンソンエンドジョンソンの有名ブランドです

その中で1日使い捨てコンタクトレンズタイプが
「ワンデーアキュビュー」です

その他にもアキュビューシリーズには1週間交換タイプ、2週間交換タイプ
があります

ワンデーアキュビューは目に必要不可欠とされる酸素が通りやすい
高い酸素透過性と高い含水率で、目に優しい自然な装着感を実現しています

もちろん毎日新しいレンズに交換するので、いつも清潔で気持ちの良く
使い続けることができます

また、ワンデーアキュビューではコンタクトレンズにUVカット機能が
付いているため、紫外線が強い時期には目を紫外線から守ってくれます

さらに汚れが付着しにくいコーティング効果でアレルギーの原因ともされる
花粉対策もバッチリです

ワンデーアキュビューにはさらに「モイスト」「ディファイン」「トゥルーアイ」
というシリーズがあります

モイストはうるおい成分がたっぷりと入った構造になっていて目の健康を
考えた快適な装着感が評判のコンタクトレンズです

ディファインはコンタクトレンズのふちにくっきりとしたラインが入った
ファッションアイテムとして活用される新発想のコンタクトレンズです

トゥルーアイは酸素透過性が裸眼時の99%という限りなく裸眼時に近づけた
シリコンハイドゲル素材を採用した世界初のコンタクトレンズです

このようにラインナップも豊富なワンデーアキュビューシリーズは
良い口コミ情報も多く、ランキングでも上位に挙がっています

1ヶ月連続装用できるコンタクトレンズ

使い捨てコンタクトレンズといえば、その使用期間が1日や1週間、
長くて2週間といったものが一般的だと思います

しかし、使い捨てコンタクトレンズの中には1ヶ月連続装用できる
ものがあるのです

口コミやランキングサイトで1ヶ月連続装用のコンタクトレンズを
検索すると、必ず上位にランクインされるのが、チバビジョンの
O2(オーツー)オプティクスです

O2オプティクスは日本で初めて最長1ヶ月連続装用が可能な
コンタクトレンズとして許可を得ました

何故1ヶ月間も連続装用が可能なのかと言うと
それにはチバビジョン独自のシリコンハイドロゲル素材の使用に
より酸素透過性が裸眼時の99%を実現し、目のうるおいを
保ちつつ、目の健全な状態をキープします

また、連続装用に一番怖いのがコンタクトレンズの汚れによる
細菌などの繁殖です

コンタクトレンズを長い期間装着していると涙の成分である
たんぱく質が付着し、見えにくくなるばかりか、その付着した
たんぱく質を温床した病原菌が繁殖する恐れがあるのです

しかし、O2オプティクスはコンタクトレンズの表面に
プラズマコーティングを施し、高い親水性とともにたんぱく質
が付着しにくくなる効果も実現しています

今までになかった1ヶ月連続装用を実現したO2オプティクスですが
どうやら、連続装用期間には個人差があるようです

やはり涙の量が極端に少ない場合などは連続装用を避けた方が良い
という注意事項が挙げられていますので、使用する際には眼科に相談
に行き、眼科医から指定された装用日数を守るようにしましょう

2Weekのコンタクトレンズのおすすめ

2Weekの使い捨てコンタクトレンズは最長2週間は使用可能であり、
ケアが必要なタイプのコンタクトレンズです

1Dayタイプよりもコストがかからないため、2Weekタイプを利用する
人はかなり多いようです

それでは2Weekタイプのコンタクトレンズでおすすめと言えば
ボシュロムのメダリストプラスとジョンソンエンドジョンソンの
2ウィークアキュビューです

まずボシュロムのメダリストプラスはコンタクトレンズに汚れを
付きにくくする非イオン性素材を採用しているため、汚れを引き寄せ
にくくなっているのです

そのため、比較的長時間使用しても汚れによる曇りが起きにくく、
又、乾きにくい構造になっています

コンタクトレンズ自体がライトブルーをしているので、容器からも
見つけやすくなっています

もうひとつのジョンソンエンドジョンソンの2ウィークアキュビュー
は有名ブランドのアキュビューシリーズの2Week版として実績があります

1Dayタイプの技術・ノウハウを、瞳への酸素供給、紫外線対策、
レンズへのうるおいを与える含水率を2Weekレンズでも十分に生かしています

2011年6月現在ではボシュロムのメダリストプラスの方が若干安くなって
います

これからも各メーカーの新製品情報に期待ができます

1Dayのコンタクトレンズのおすすめ

1Dayタイプのコンタクトレンズのおすすめは
ジョンソンアンドジョンソンのワンデーアキュビューシリーズです

ワンデーアキュビューシリーズにはモイスト、ディファイン、トゥルーアイ
があるのですが、それら全てが価格.comのランキング上位に挙がっています

その中でもワンデーアキュビューモイストはジョンソンエンドジョンソン独自の
ラリクオン・テクノロジーでうるおい成分をレンズの中に取り込むことに成功し、
レンズ自体の保水力を高めることで、なめらかでやわらかいクッション性を実現
することができました

目の健康を考えた快適な装着感が評判です

また、ワンデーアキュビューディファインはレンズのふちにくっきりとした
ラインが入った新発想のコンタクトレンズです

レンズのふちにラインを施すことで目がより一層際立って魅力的に見えるのです
ブラックラインでしっかりと強調させるタイプ、ダークブラウンの自然に明るく
見せるタイプなどいろいろなシチュエーションに合わせて選択することも可能です

ラインの色素は直接目に触れないようにサンドイッチ構造になっているので安心です
もちろん本来のワンデーアキュビューのメリットもそのまま引き継いでいます


最後にワンデーアキュビュートュルーアイは裸眼時の約98%の酸素が装着して
いても瞳に届くという裸眼に限りなく近いコンタクトレンズです

シリコーンハイドゲル素材を採用した世界初の1Dayレンズなのです
しかし、昨年一部ロットで不具合が見つかり、自主回収を行っているとのことなので
各販売店でも対応しているかもしれません

コンタクトレンズを通販で買うとき処方箋は

コンタクトレンズを通販で買うとき処方箋は必要でしょうか、
それとも不要でしょうか

正確にここでは答えは出せませんが、そもそもコンタクトレンズを
購入する際に処方箋が必要であるとは薬事法では明記されていません

法的な強制力がないため、通販やオンラインショップでは処方箋なし
で購入できることを大きく宣伝しています

インターネットで「コンタクトレンズ」「処方箋」だけで
検索するだけでもものすごい数のオンラインショップがヒットします

これだけの需要があるものなのかと驚いてしまいます

しかし、最近処方箋なしでコンタクトレンズを購入し、実際自分の
目に合わずに返品しようとしたが、店が応じてくれなかったという
トラブルがあるようです

クーリングオフの期間が過ぎていたのか、返品不可の特記事項が
分かりにくいところに書いてあったのかは分かりませんが、やはり
処方箋を用意し、自分の目の合ったコンタクトレンズを購入すること
をお勧めします

中には処方箋の提出や、オンライン上で処方箋データを入力しなくては
いけないオンラインショップもあるようなので、処方箋の重要性を認識して
いる通販業者やオンラインショップもあるようです

将来ずっと付き合っていく自分の目のことなので、安易な気持ちで
コンタクトレンズを購入せず、しっかり処方箋を準備しましょう

乱視用のコンタクトレンズ

そもそも乱視というものは、目の角膜と水晶体の
歪みが原因です

目に入り込んでくる光を屈折させて物体を認識する
目の機能として重要な角膜や水晶体に歪みがあると、
光の屈折が微妙にずれてしまい、遠くのものも近く
のものもぼやけてしまいます

このような歪みは誰でも多少はあることなので、
もしかしたら、気づいていないだけなのかもしれません

しかし、歪みが酷い場合は矯正が必要になってきます

乱視用のコンタクトレンズはこの歪みを矯正するために
一般のコンタクトレンズとは違う構造になっています

乱視用のコンタクトレンズは歪みに合わせて、コンタクトレンズの
厚みを上下は薄く、左右は厚くすることで目の中で装着位置を
安定させます

まばたきの度にコンタクトレンズが回転してしまわないように
このような工夫がされています

若干装着感に違和感を覚える方もおられるようですが、
ハードコンタクトレンズを装着するときの痛みよりはマシだということです

昔は乱視の矯正と言えばハードコンタクトレンズだったのですが
今ではソフトタイプで、2Weekなどの使い捨てタイプも販売されています

価格は通常の使い捨てコンタクトレンズよりも高めですが
乱視で悩まされていた方には、メガネ以外の選択肢が増え
ライフスタイルの幅が広がったのではないでしょうか

コンタクトレンズの洗浄液

一日使い捨てタイプのコンタクトレンズ以外はきちんとした
ケアをしなくてはいけません

一昔前は煮沸で消毒をしていましたが、今は洗浄液を使った
コンタクトレンズのケアが一般的となっています

コンタクトレンズの洗浄液には洗浄・消毒の方法によって
タイプが分かれています

ひとつは一本の洗浄液で洗浄・消毒・保存ができるが
こすり洗いをする必要があるタイプ

それと洗浄と消毒、保存が別々になっているがこすり洗い
は必要がないタイプ

最後に洗浄・消毒・保存が一本になっていて、こすり洗いが
必要がないタイプ

もちろん、一本で洗浄・消毒・保存ができてしまえれば
旅行などのおでかけのときにかさばらないので便利です

それにこすり洗いが必要の無いタイプなら手間がかかりません

そうなると、一本で洗浄・消毒・保存ができてこすり洗いが
必要の無いタイプを買いますね

しかし、洗浄・消毒・保存が一本でできるタイプの洗浄液は
別々に分かれているタイプよりも洗浄力が弱いということが
言われています

また、洗浄液を過信しすぎて杜撰な管理をしていたばかりに
細菌が繁殖し、眼病になってしまう人も増えてきています

自分の目のことなので、コンタクトレンズのケアは毎日
しっかりとやりましょう

それに洗浄液をあまり過信せず、小まめな手入れを心がけ
ましょう

遠近両用のコンタクトレンズ

遠近両用のコンタクトレンズがあることを知らない人
が意外といるようです

40歳ぐらいまでは普通にコンタクトレンズを使って
いたのに、だんだん小さいものが見にくくなってきて
コンタクトレンズからメガネにかけかえる人が少なく
ありません

それに近視と遠視の両方に悩む人も結構いるみたいで
そうなるとコンタクトレンズは諦めなくてはいけないと
おもっているようです

しかし、コンタクトレンズにも遠近両用タイプが
あるのです

遠くから近くまでを自然に見渡せることができ、メガネを
かけ直す煩わしさもありません

何しろメガネのときのように視線を移動させる必要が
ありません

女性にとってはメガネはあまりかけたくないものなので
ちょっとおしゃれをしたいときには、メガネを外したい
ですね

それにスポーツを楽しみたいときもメガネだとどうしても
動きに制限があったりします

しかし、今は遠近両用のコンタクトレンズが流通している
のです

値段は通常の使い捨てタイプのコンタクトレンズよりも
多少高くはなりますが、それでもだいぶ価格は下がって
いるので、ちょっとおしゃれをしたいときやスポーツを
するときなどに買っておいても損はしないと思います

コンタクトレンズもニーズに合わせてどんどん進化を
しているのです

使い捨てタイプのコンタクトレンズ

使い捨てタイプのコンタクトレンズのメリットと
言えば、ケア無しで清潔なコンタクトレンズが利用
できることです

長期間使用するタイプのハードレンズやソフトレンズ
は毎日洗浄し、清潔に保っておかなければいけません

毎日のケアが面倒になって、ついついサボってしまうと
コンタクトレンズに細菌が繁殖して、目の調子がおかしく
なったなんていうのはよく聞く話です

しかし、使い捨てタイプのコンタクトレンズは
1週間、2週間タイプのものはある程度のケアが
必要ですが、1日使い捨てタイプなら、その日に付けて
終わったら捨てるというリサイクルなので清潔です

普段メガネの人も今日はスポーツをするからとか
今日は結婚式に参加するから洋服に合わせて、
コンタクトレンズを付けたいと思ったときも

使い捨てタイプのコンタクトレンズはとても便利
です

しかもカラーコンタクトレンズの使い捨てタイプ
もあるので、ファッションアイテムとしても
便利です


ただし、使い捨てタイプのコンタクトレンズは
短期間でサイクルしていくので、無くなればまた
購入する必要があります

長期間使用するタイプと比較すると年間コストでは
高くなってしまいます

そこで長期間使用するタイプのコンタクトレンズやメガネ
と併用することで上手に使っている方もおられます

コンタクトレンズメーカーのSEED

コンタクトレンズの数あるメーカーの中でSEED(シード)という
メーカーを聞いたことがあるでしょうか

SEEDは日本で初めてコンタクトレンズの研究を行った東京コンタクトレンズ
研究所が前身であり、日本で初めて酸素透過性ハードコンタクトレンズを
販売したことで有名なメーカーです

又、国内産初の2週間使い捨てタイプと1日使い捨てタイプを
販売したことでも有名です

SEEDの社名の由来は、種子の英語である「SEED」からきており、
無限に広がっている新分野に挑戦し続けることで、種を蒔き、
成果という芽が出ることを意味しています

有名なブランドとしては「Pure(ピュア)シリーズ」があります
国内一貫生産をアピールしていて、徹底した品質管理と検査体制のもと
クオリティの高さが評判になっています

さらにたんぱく質構造と同じような両性イオン素材を採用し、
潤いを保ちつつ、汚れがつきにくいコンタクトレンズになっています

最近は、格安のコンタクトレンズが簡単に購入できるようになりましたが
その反面、目のトラブルが絶えません

それはやはり海外生産された品質が劣るコンタクトレンズが原因である
場合が多いようです

自分の目に付けるコンタクトレンズはやはりしっかりした品質の
国産がいいという方はSEEDのコンタクトレンズがおすすめです

格安のコンタクトレンズを購入する

一般的にコンタクトレンズを購入する際には、
眼科で処方箋を出してもらい、その処方箋に基づいて
自分に合ったコンタクトレンズを購入します。

そのまま眼科で勧められたコンタクトレンズ
を購入すると言う選択肢もありますし、近くの
眼鏡店やコンタクトレンズ専門店でも購入すること
もできます。

しかし、コンタクトレンズは毎日使うものなので
なるべく安く買いたいと思うのは当たり前です。

格安でコンタクトレンズを購入するにはどうすればいいか
一番安く買うためにはどこで購入すればいいのでしょうか

それはオンラインショップです

オンラインショップでは店自体を構える必要がなく、
インターネット上の仮想店舗であるため、維持費を
安く抑えることができ、さらにスタッフも少人数で
運営が可能です

このような利点から商品自体の販売価格をかなり
下げることが可能なのです

また、コンタクトレンズの規制が掛からない諸外国
から逆輸入することで原価自体を抑えることもでき、
さらに処方箋が不要で購入ができてしまうのです。

ただし、諸外国で製造されたコンタクトレンズには
検品落ちなどがあるので注意が必要です

どうしても格安でコンタクトレンズを購入したい方
にはオンラインショップでの購入をお勧めします

コンタクトレンズの価格を調べる

コンタクトレンズの価格を調べたいときどうしますか。
コンタクトレンズとひとことで言っても、ハードレンズや
ソフトレンズ、使い捨てなどいろいろな種類があります。

さらに使い捨てコンタクトレンズの中には、一日で交換する
1Dayから、1Week、2Week、1ヶ月など使用する期間によって
種類が分かれています。

そして、さらにたくさんのメーカーが各種のコンタクトレンズを
販売しているので、非常に情報が溢れています。

そんなたくさんあるコンタクトレンズの価格を調べて、
比較したいときは、価格比較サイトを探しましょう。

有名な価格比較サイトは「価格.com」ですね

価格.comでは各種のコンタクトレンズの最安値をランキング表示
しているので大変見やすく、1枚あたりの価格も表示しているので
コスト計算も容易にできます。

さらに価格だけでなく、ユーザーからの口コミ情報が掲載されていて
実際の体験談などを自分が使用する前に知ることができるので、買う前
の判断基準として重宝します。

また、ユーザーからの質問も受け付け、回答をもらえることができるので
疑問に思ったことや分からないことは、質問してみるのもいいでしょう。

もちろん価格が安いのも重要ですが、いろいろな情報を見て
ベストな判断をしましょう。

コンタクトレンズを処方箋不要で購入する

コンタクトレンズを購入する際には、基本的に眼科で検査を
受け、処方箋を発行してもらいます。

そして、その処方箋に基づいたコンタクトレンズの選定を
おこなうのです。

処方箋にはあなたの目がコンタクトレンズに適しているかを
含め、涙の量、眼球のカーブなどについての情報が記載されています。

しかし、この処方箋の提出は法律では定められていないため
強制力はありません。ただコンタクトレンズが目の中に入れる
視力矯正の医療器具という観点から処方箋の提出を義務付ける
ショップやメーカーもあります。

その逆に、処方箋を発行するには費用も時間もかかるため
面倒だと感じる人もいないわけではありません。

実際、処方箋不要と銘打ってコンタクトレンズを販売している
ショップもあります。

特に海外のオンラインショップでは、簡単に処方箋不要で
コンタクトレンズが購入
できます。

コンタクトレンズをいくつも買い替え、さまざまなメーカー
のコンタクトレンズを試したヘビーユーザーであれば、自分の
目の状態も熟知していると思いますが、経験の浅いユーザーは
しっかりと検査を受け、処方箋を出してもらったほうがよいのでは
ないでしょうか。

コンタクトレンズの度数とは

コンタクトレンズにもメガネと同じように
度数というものがあります。

しかし、コンタクトレンズとメガネの度数は
目からの距離も違うため、全く異なってきます。

度数はPOWER(PWR)という表記で表され、
これはコンタクトレンズを購入する際にケースや
箱に明記されています。

+(プラス)や−(マイナス)の付いた数字が
記載されていると思いますが、その数字が度数
になります。

マイナスが大きければ、近視矯正が強く、
プラスがが大きければ、遠視の矯正が強いという
ことを表しています。

ちなみにPOWERが0.00というのは度が入っていない
という意味になります。

またコンタクトレンズはこの度数の強弱でレンズの
厚みは変わってきます。

度数が強ければ厚くなるのです。そのため
度数の強弱で装着感が違ってきます。

ここで注意しなければいけないのが、いくら
もっと遠くまで見えるようにしたいからと言って
度数を強くしすぎると、目に負担がかかるため
眼精疲労を引き起こしてしまいます。

コンタクトレンズを選ぶときはこの度数が
重要な要素となるので、眼科でしっかり検査を
受け、自分のライフスタイルも考慮した度数の
選択をしましょう。

コンタクトレンズの年間料金

コンタクトレンズを使いはじめて、ふと思いつくことが
あります。それは、1年間でどのくらいお金がかかっている
のかということです。

コンタクトレンズにはひとつのレンズを長期間使い続ける
ハードコンタクトレンズとソフトコンタクトレンズと、
装着したコンタクトレンズを1日、1週間などの期間で
使い切っていく使い捨てタイプに大きく分けられます。

長期間使用タイプと使い捨てタイプで年間料金
比較してみます。

長期間使用タイプはハードレンズとソフトレンズの違い
はありますが、およそ20,000円ぐらいで購入できます。
そして、平均的な使用期間は約2年なので年間で換算
すると、およそ10,000円になります。

一方、使い捨てタイプは1箱2,500円の2Weekレンズを
例にすると、1ヶ月で5,000円として、年間で60,000円
になります。

ここで忘れてはいけないのがメンテナンス費用です。
長期間使用タイプは、毎日のケアをし、清潔に保つ
必要があるため、ケア用品の費用がかかります。
しかし、使い捨てタイプはその必要がありません。

ケア用品の年間料金をだいたい15,000円とすると

長期間使用タイプ 10,000 + 15,000 = 25,000円/年
使い捨てタイプ 60,000円 + 0 = 60,000円/年

年間料金だけ見ると、長期使用タイプの方がお得で
あることが分かります。

コンタクトレンズを店舗で買う

コンタクトレンズを購入するには、いろいろな方法があります。
眼科で購入することもできますし、最近ではオンラインショップ
でも安価で購入することができます。

そして、コンタクトレンズ専門店で購入するという選択肢も
あるのですが、どんな違いがあるのでしょうか。

コンタクトレンズ専門店と言っても、コンタクトレンズをお客様
に提供するためには、眼科で検査を受けてもらい、処方箋を提出
してもらわなければなりません。

そのため、処方箋がない方にはコンタクトレンズ専門店では
最寄の眼科を紹介して処方箋を出してもらうようにお願いしています。

それでは眼科で検査を受けて、そのまま眼科でコンタクトレンズを
購入したほうが手っ取り早いと思いませんか。

しかし、例外はあるとは思いますがお医者さんというのは
事務的でお世辞にもサービス精神旺盛とは言えません。

質問があっても聞きづらい雰囲気があります。

又、オンラインショップも確かに商品は安いのですが
アフターサービスの対応が遅かったり、担当スタッフ
となかなか連絡が取れなかったりすることがあるようです。

その点を考えると、コンタクトレンズ専門店は会員証等で
お客様の情報を有効的に管理し、チェーン展開している店舗であれば
お客様が引越しをしても、引越し先のチェーン店で引き続き
お客様情報を元にサービスが受けることができます。

又、最近ではポイントサービスが主流となり、貯めたポイントで
ケア用品を購入できたり、その他いろいろなサービスを受けることが
できます。

コンタクトレンズは長く使い続けるものですから、信頼できて、
サービスがしっかりしているところで買いましょう。

はじめてのコンタクトレンズにかかる費用

これからあなたがコンタクトレンズを使い始めよう
と思ったのなら一体どのくらいの費用がかかるのか
不安ですね。

最近はコンタクトレンズはネットショップなどで
気軽に購入できるようになりました。

又、ネットショップで表示されている金額は大変
安く設定されています。

しかし、コンタクトレンズは視力矯正の医療器具であるため
眼科できちんとした検査を受けなければいけません。

あなたの目に異常が無いか、コンタクトレンズを付けて
も問題が無いかなどあなたの目の特性を調べてくれます。

検査代は保険が適用されるため、1,000〜3,000円程度で
受けることができます。

そして、いよいよコンタクトレンズを選ぶ訳ですが、
コンタクトレンズにはハード・ソフト・使い捨てタイプ
と大きく3タイプに分かれています。

それぞれの特徴を理解し、自分に合ったタイプを選択しましょう。
コンタクトレンズ自体の費用はハードが2〜3万円、ソフトが1〜2万円、
使い捨てタイプは数千円ですが、毎日使い切るので使い続けると
コストが高くなります。

その他、レンズケースや保存液、洗浄液などケアにかかる費用も
月間2,000〜3,000円は見込んでおいた方がいいでしょう。

維持費を結構見落としがちなのですが、ケアを怠ると
眼病などの可能性があるので、しっかりと費用を押さえておきましょう。


コンタクトレンズのケア方法

コンタクトレンズは直接目に入れるものなので
しっかりとしてケア方法を守らなければいけません。

一般的に眼科で検査を受け、コンタクトレンズを購入
する場合は、医師からコンタクトレンズの着脱方法や
レンズ及びレンズケースのケア方法についての指導を
受けると思います。

ハードコンタクトレンズとソフトコンタクトレンズともに
長期間使用するタイプは毎日寝る前にはレンズを外し、
洗浄及び消毒を必ずおこないましょう。

又、レンズケースも使用しないときは同じく水洗いし、
自然乾燥をしておきましょう。

どちらも常に清潔にしておかなければ、細菌や微生物が
繁殖してしまい、その状態で目に装着してしまうと、
眼障害を発症する可能性が高くなります。

一般的なケア方法は消毒液で両面をこすり洗いをし、酵素洗浄液を
入れたレンズケースに4時間以上保存します。消毒後、レンズケースから
取り出す際も洗浄液でしっかりすすいでから装着します。

このようなケアを毎日する必要があるので、面倒くさいと
思う人はいるかもしれませんが、このケアをしっかりやらなければ
目のトラブルを引き起こしてしまいます。

どうしても毎日のケアに自信がない方は、多少コストがかかり
ますが、使い捨てタイプを利用した方がいいでしょう。

コンタクトレンズの口コミ情報

あなたは買い物をするときに、どれがいいか迷いませんか?
数百円や数千円までなら、まあいいかで買ってしまう人も
いるかもしれませんが、1万円を超えるとちょっと待てよ、
と言う人は多いのではないでしょうか。

コンタクトレンズを買うときだって同じです。安い買い物では
ありませんし、何しろ自分の視力矯正のためなのですから、
一体どれが一番いいのか迷うのは仕方がありません。

そこで皆さんがよく利用するのが口コミです。

最近ではインターネット上でさまざまな口コミ情報が
掲載されています。

そもそも口コミとは主婦同士の会話で、あそこのネギが安かった、
こっちの卵が安かったという井戸端会議から発展し、今では
主婦に限らず様々な人たちが自分が購入した電化製品や観光スポット
などの感想や意見をインターネットで投稿しているのです。

もちろんコンタクトレンズの口コミ情報もインターネット上で
たくさん見つけることができます。

このメーカーの製品はこういうところが良かったとか、
このタイプのコンタクトレンズはこうやってケアすればいい、
こんなトラブルにあったけど、こうやって解決したなど
たくさんの情報を見つけることができます。

まずはコンタクトレンズの口コミで検索して、いろいろ調べて
みるのが一番いいかもしれません。

コンタクトレンズとメガネの比較

視力が悪くなってしまったら、視力矯正をしなければ
生活が不便で仕方がありません。

まず運転免許を取るためには一定の視力が必要ですし、
普段の生活の中でも視力が低下することで不便になってくることは
たくさんあります。

視力矯正で浮かぶのが「コンタクトレンズ」と「メガネ」です。
歴史的にはメガネの方が古いのですが、最近ではコンタクトレンズ
も人気があります。

それではこのコンタクトレンズとメガネを比較してみましょう。

まずファッション面で比較をするとコンタクトレンズの方が、
外見を全く変えず、視力矯正が出来る点で有利です。
メガネはどうしても顔に掛けなければいけないので、外見が
少し変わってしまいます。又、メガネ自体に「勤勉」「オタク」など
の先入観を持っている人がいるので敬遠されるのでしょう。

次に衛生面で比較をすると、メガネは着脱は簡単で目自体には
触れたりしないので特に問題はありません。しかし、コンタクトレンズ
は直接目に入れるため、衛生面のケアをしっかりしなければ
細菌や微生物が原因で眼病を発症する可能性があります。

最後にコスト面で比較してみましょう。メガネは最近ではかなり
価格が下がってきており、1〜3万円で購入することができます。
コンタクトレンズも2〜3万円で購入することができますが、
毎日の洗浄や消毒に手間がかかるため、使い捨てタイプのコンタクトレンズ
を使用する人が増えてきています。

使いきりのため、衛生面では問題ないのですが、コストが高くなってしまうの
が難点です。

コンタクトレンズケースは大丈夫ですか

コンタクトレンズを使い始めては最初のうちは
きちんと洗浄し、消毒をするものです。

しかし、時間が経つにつれてコンタクトレンズの
ケアが杜撰になってくることはよくあることです。

また、コンタクトレンズだけをしっかりケアしていても
コンタクトレンズケースが汚ければ、元も子もありません。

実際、コンタクトレンズケースのケアを怠ったために
保存していたコンタクトレンズに細菌が繁殖し、眼病に
掛かってしまった事例はあるのです。

そうならないためにも、コンタクトレンズケースを
使わないときは保存液を捨て、必ず水洗いをしてから
自然乾燥させておきましょう。

コンタクトレンズが複数枚ある場合やケースを持ち運ばなければ
いけないときは、レンズケースを何個も用意し、交互に
使いましょう。

レンズケースはプラスチック製が多いため、長い間使用
していくと細かな傷も付いてくるため、衛生面からも2〜3ヶ月で
買い換えた方がよいと思います。

コンタクトレンズを購入する際に、レンズケースについての
ケア方法の説明を受けるようになっていますので

妥協せずにしっかりとしたケアを心がけなければ、細菌や異物に
蝕まれるのはあなた自身の目だということを理解しましょう。

コンタクトレンズのメーカー

コンタクトレンズのメーカーと言えば、あなたは何を
思い出しますか。

「ワンデーアキュビュー」という使い捨てコンタクトレンズ
は一度は耳にしたことがあると思います。

この使い捨てコンタクトレンズは日本をはじめ世界65ヶ国
で販売されており、2010年現在でコンタクトレンズシェア
No.1を誇っています。

この「ワンデーアキュビュー」を販売しているのは
アメリカ合衆国に本社を置くジョンソン&ジョンソン社です。

ジョンソン&ジョンソンはそのネームバリューはもちろん
家庭用のバンドエイドから医療機関で使用する医療機器や
薬剤などの製造販売もしているため、長年培った医療製品
のノウハウを活用し、コンタクトレンズ部門でもその実力を
発揮しているのです。

その他にも日本で初めてコンタクトレンズの研究を行った
東京コンタクトレンズ研究所を礎とする「シード」や
同じく日本初の角膜コンタクトレンズの実用化に成功した
実績を持つ「メニコン」などが有名だと思います。

また、2009年に日本のコンタクトレンズ小売市場において
金額シェア第3位へ躍進を遂げたクーパービジョン。

クーパービジョンは2005年にオキュラーサイエンス社
と合併し、その後使い捨てコンタクトレンズを主力製品として
急成長しています。

サンコンタクトレンズ

株式会社サンコンタクトレンズは、京都に本社を置く
カスタムメイドのハードコンタクトレンズを受注生産
しているコンタクトレンズメーカーのことです。

独自のカスタムメイドシステムで、お客様一人一人の
目に合ったハードコンタクトレンズを作ります。

従来のコンタクトレンズの選び方は、いくつもある
コンタクトレンズの規格の中から自分の目にあった
ものを選んでいました。

しかし、中にはどうしても自分の目には合わない
ケースがあり、その場合はコンタクトレンズを付ける
ことは諦めなければいけませんでした。

そこで、サンコンタクトレンズのカスタムメイドシステムでは
まずあなたの目の写真を撮影し、コンピュータ解析をおこない、
最適なレンズ設計を医師の指示に基づいた分析を元におこないます。

出来上がったレンズを試装着し、徐々にあなたの目に最も
自然に装着することができるコンタクトレンズに微調整していきます。

又、出来上がった後のきめ細かい調整にも対応しています。

コンタクトレンズが流行し始めた当時から現在に至るまで
コンタクトレンズを付け始めたがよいが、何らかの障害で
諦めてしまう人は後を絶ちません。

そんな方々にもう一度コンタクトレンズを付けるチャンスを
与えるべくサンコンタクトレンズは日々研鑽を重ねているということです。

はじめてのコンタクトレンズ

はじめてコンタクトレンズを付けてみようを思ったら、
まず何から始めればいいのでしょうか。

最近ではインターネットなどを利用して手軽に
コンタクトレンズを購入できるようになりましたが、
コンタクトレンズというものは、直接目に付ける
視力矯正の医療器具であることを理解してください。

つまり間違った使用方法や、メンテナンス方法のために
眼障害を引き起こす可能性があるのです。

原則として、コンタクトレンズを購入する際には、
眼科であなたの目の検査を行い、正しい処方を受ける
必要があります。

コンタクトレンズを使用しても大丈夫なのか、角膜等に
異常は無いか、涙量は正常であるかなど細かなチェックを
行います。

検査の結果、コンタクトレンズの使用が問題ないということに
なれば、実際にコンタクトレンズの試装着ができるのです。

そのとき、コンタクトレンズの装着脱方法や装着時間の説明、
コンタクトレンズのケア方法、異常が起こった時の対処方法
などの説明を受けます。

これだけの課程を経て、コンタクトレンズをはじめて付ける
ことができるようになります。

自分の目の事なので、しっかりとした手順を踏まえて
購入する事をお勧めします。

ソフトコンタクトレンズとは

コンタクトレンズには大きく分類してハードコンタクトレンズと
ソフトコンタクトレンズの2種類があります。

ソフトコンタクトレンズの特徴として挙げられることは、主に
ビニールのような柔らかい素材で出来ており、水分を比較的多く
含む性質のため、装着感はハードコンタクトレンズと比較すると
快適です。

基本的に黒目よりも大きいサイズであり、ずれにくく外れにくい
ため激しい運動をするときに適しています。

しかし、ソフトコンタクトレンズは汚れがつきやすいため、
毎日の洗浄と消毒の手間がかかります。

汚れたレンズをそのまま装着していると、細菌が繁殖し、
眼病を起こしてしまうのですが、その事自体に気付きにくい
という問題もあります。

含水率の高いレンズのため、眼障害があった場合でも
ソフトコンタクトレンズは多少の違和感があるものの、
装着できてしまうのです。

そのため、眼障害が重症化していくこと多く、最悪
失明するケースが多いのもソフトコンタクトレンズの使用者
であるようです。

しっかり毎日のケアをすれば問題ないのですが、ついつい
妥協してケアを怠ってしまうときもあると思います。

そういう人のために、ソフトコンタクトレンズには
使い捨てタイプのものがあり、1日装着すれば、寝る前には
捨ててしまい、次の日からは又新しいレンズを装着するという
ことができます。

もちろん、ひとつのソフトコンタクトを毎日洗浄消毒し、
使い続けることでコストを抑えることはできます。

どちらの使用方法が自分に適しているかは、あなた自身が
分かっていると思います。

大切な自分の目の事なので、自分に合ったものを選んでください。

ハードコンタクトレンズとは

ハードコンタクトレンズ

コンタクトレンズには大きく分類してハードコンタクトレンズ
ソフトコンタクトレンズの2種類があります。

ハードコンタクトレンズの特徴として挙げられることは、
材質が硬質プラスチック性であるため、耐久性に優れ、
加工もしやすいという点です。

しかし、その材質上酸素を通さないため、装着時の違和感が
大きく、長時間の装着には適さないものでした。

その弱点を補うべく、現在のハードコンタクトレンズには
酸素透過性レンズと呼ばれるレンズが使用され、装着後に
瞬きでレンズが動き、涙の入れ替わりを利用して、涙の中の
酸素を角膜に供給できるようになっています。

ハードコンタクトレンズは丈夫であるため、長く使用すること
でコストを抑えることもできます。さらにその耐久性の高さ
からレンズのケアも比較的簡単だと言えます。

又、ソフトコンタクトレンズと比較すると依然装着時の
違和感が残るのですが、ハードコンタクトレンズは角膜に
異常があれば、痛みが大きいため眼障害がひどくなる前に
治療を受けることができます。

乱視矯正については、ハードコンタクトレンズが適している
と言われますが、外れやすいという欠点もあります。

このような特徴を踏まえ、自分のライフスタイルの中で
問題がないかどうかをよく考えて、コンタクトレンズを
選びましょう。

コンタクトレンズの値段

目が悪くなってしまったら、あなたは眼鏡をかけますか。
それともコンタクトレンズを付けますか。

最近のコンタクトレンズは値段が下がり、誰でも
気軽に買えるものになっています。

まずコンタクトレンズにはハードレンズとソフトレンズがあります。

ハードとソフトの違いは、まずハードレンズは長く利用するタイプのものが多く、材質も固いものとなっています。そのため、目に装着したときに違和感を感じることが多いようです。しかし、レンズ自体が小さく酸素の透過性が優れているの為、角膜に与える負担が少ないのが良い点です。

一方、ソフトレンズは材質が柔らかく装着感に優れています。付けているのを忘れるぐらいフィットするものもあります。そのため、異常に気付くのが遅れる場合があります。

さらに、コンタクトレンズには使い捨てタイプもあり、使い捨てであるためレンズを洗浄する手間が必要ありません。

ではそれぞれのコンタクトレンズの値段はどのくらいするのかというと、一般的なハードレンズやソフトレンズのコンタクトレンズは定価はおよそ18,000円〜30,000円の価格帯になります。ただし、通販やオンラインショップなどを利用すると、9,500円〜20,000円ぐらいで購入する事ができるようです。

又、使い捨てのコンタクトレンズの値段は、およそ2,000円〜4,000円で購入する事ができます。ただし、使い捨てタイプは使用期間が、1日、1週間、2週間と分かれているため、購入するときには注意が必要です。

コンタクトレンズはタイプによって値段も様々ですので、自分のライフスタイルと合っているものを選択するように心掛けましょう。

コンタクトレンズを買うときは処方箋が必要?

コンタクトレンズを使用する際には処方箋が必要だということをご存知でしたでしょうか。正確には法律上での規制は無く、薬事法にも必要だと明記されていません。

しかし、コンタクトレンズは目に直接付けるもので、衛生面を考慮しても処方箋は必要だと考えるのが当然と思われます。



最近では通販やオンラインショップで簡単にコンタクトレンズが購入できるようになっていますので、そのような情報がしっかりと伝わっていないのだと思われます。


実際、処方箋は必要ありませんと宣伝している使い捨てコンタクトレンズも販売されているため、その認知度はますます低くなっているのでしょう。

しかし、最近ではオンラインショップの決済画面で自分の処方箋情報を入力を必須項目としているサイトも登場しているようで、コンタクトレンズの処方箋の必要性が再認識されているようです。

この処方箋には眼鏡を作るときと同じように現在の視力や角膜の状態などが
記載されています。

処方箋の発行は眼科が行えますが、有料となっています。費用は大体1,500円〜3,000円ぐらいのようです。

合わないコンタクトレンズを付けて、目に負担が掛かり、眼障害になってしまったという事例もあるので、コンタクトレンズを付ける前には、必ず処方箋を出してもらい、自分の目の状態を確認しておくことをお勧めします。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。