乱視用のコンタクトレンズ

そもそも乱視というものは、目の角膜と水晶体の
歪みが原因です

目に入り込んでくる光を屈折させて物体を認識する
目の機能として重要な角膜や水晶体に歪みがあると、
光の屈折が微妙にずれてしまい、遠くのものも近く
のものもぼやけてしまいます

このような歪みは誰でも多少はあることなので、
もしかしたら、気づいていないだけなのかもしれません

しかし、歪みが酷い場合は矯正が必要になってきます

乱視用のコンタクトレンズはこの歪みを矯正するために
一般のコンタクトレンズとは違う構造になっています

乱視用のコンタクトレンズは歪みに合わせて、コンタクトレンズの
厚みを上下は薄く、左右は厚くすることで目の中で装着位置を
安定させます

まばたきの度にコンタクトレンズが回転してしまわないように
このような工夫がされています

若干装着感に違和感を覚える方もおられるようですが、
ハードコンタクトレンズを装着するときの痛みよりはマシだということです

昔は乱視の矯正と言えばハードコンタクトレンズだったのですが
今ではソフトタイプで、2Weekなどの使い捨てタイプも販売されています

価格は通常の使い捨てコンタクトレンズよりも高めですが
乱視で悩まされていた方には、メガネ以外の選択肢が増え
ライフスタイルの幅が広がったのではないでしょうか
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。