コンタクトレンズの度数とは

コンタクトレンズにもメガネと同じように
度数というものがあります。

しかし、コンタクトレンズとメガネの度数は
目からの距離も違うため、全く異なってきます。

度数はPOWER(PWR)という表記で表され、
これはコンタクトレンズを購入する際にケースや
箱に明記されています。

+(プラス)や−(マイナス)の付いた数字が
記載されていると思いますが、その数字が度数
になります。

マイナスが大きければ、近視矯正が強く、
プラスがが大きければ、遠視の矯正が強いという
ことを表しています。

ちなみにPOWERが0.00というのは度が入っていない
という意味になります。

またコンタクトレンズはこの度数の強弱でレンズの
厚みは変わってきます。

度数が強ければ厚くなるのです。そのため
度数の強弱で装着感が違ってきます。

ここで注意しなければいけないのが、いくら
もっと遠くまで見えるようにしたいからと言って
度数を強くしすぎると、目に負担がかかるため
眼精疲労を引き起こしてしまいます。

コンタクトレンズを選ぶときはこの度数が
重要な要素となるので、眼科でしっかり検査を
受け、自分のライフスタイルも考慮した度数の
選択をしましょう。
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。