コンタクトレンズのケア方法

コンタクトレンズは直接目に入れるものなので
しっかりとしてケア方法を守らなければいけません。

一般的に眼科で検査を受け、コンタクトレンズを購入
する場合は、医師からコンタクトレンズの着脱方法や
レンズ及びレンズケースのケア方法についての指導を
受けると思います。

ハードコンタクトレンズとソフトコンタクトレンズともに
長期間使用するタイプは毎日寝る前にはレンズを外し、
洗浄及び消毒を必ずおこないましょう。

又、レンズケースも使用しないときは同じく水洗いし、
自然乾燥をしておきましょう。

どちらも常に清潔にしておかなければ、細菌や微生物が
繁殖してしまい、その状態で目に装着してしまうと、
眼障害を発症する可能性が高くなります。

一般的なケア方法は消毒液で両面をこすり洗いをし、酵素洗浄液を
入れたレンズケースに4時間以上保存します。消毒後、レンズケースから
取り出す際も洗浄液でしっかりすすいでから装着します。

このようなケアを毎日する必要があるので、面倒くさいと
思う人はいるかもしれませんが、このケアをしっかりやらなければ
目のトラブルを引き起こしてしまいます。

どうしても毎日のケアに自信がない方は、多少コストがかかり
ますが、使い捨てタイプを利用した方がいいでしょう。
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。