コンタクトレンズとメガネの比較

視力が悪くなってしまったら、視力矯正をしなければ
生活が不便で仕方がありません。

まず運転免許を取るためには一定の視力が必要ですし、
普段の生活の中でも視力が低下することで不便になってくることは
たくさんあります。

視力矯正で浮かぶのが「コンタクトレンズ」と「メガネ」です。
歴史的にはメガネの方が古いのですが、最近ではコンタクトレンズ
も人気があります。

それではこのコンタクトレンズとメガネを比較してみましょう。

まずファッション面で比較をするとコンタクトレンズの方が、
外見を全く変えず、視力矯正が出来る点で有利です。
メガネはどうしても顔に掛けなければいけないので、外見が
少し変わってしまいます。又、メガネ自体に「勤勉」「オタク」など
の先入観を持っている人がいるので敬遠されるのでしょう。

次に衛生面で比較をすると、メガネは着脱は簡単で目自体には
触れたりしないので特に問題はありません。しかし、コンタクトレンズ
は直接目に入れるため、衛生面のケアをしっかりしなければ
細菌や微生物が原因で眼病を発症する可能性があります。

最後にコスト面で比較してみましょう。メガネは最近ではかなり
価格が下がってきており、1〜3万円で購入することができます。
コンタクトレンズも2〜3万円で購入することができますが、
毎日の洗浄や消毒に手間がかかるため、使い捨てタイプのコンタクトレンズ
を使用する人が増えてきています。

使いきりのため、衛生面では問題ないのですが、コストが高くなってしまうの
が難点です。
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。