コンタクトレンズケースは大丈夫ですか

コンタクトレンズを使い始めては最初のうちは
きちんと洗浄し、消毒をするものです。

しかし、時間が経つにつれてコンタクトレンズの
ケアが杜撰になってくることはよくあることです。

また、コンタクトレンズだけをしっかりケアしていても
コンタクトレンズケースが汚ければ、元も子もありません。

実際、コンタクトレンズケースのケアを怠ったために
保存していたコンタクトレンズに細菌が繁殖し、眼病に
掛かってしまった事例はあるのです。

そうならないためにも、コンタクトレンズケースを
使わないときは保存液を捨て、必ず水洗いをしてから
自然乾燥させておきましょう。

コンタクトレンズが複数枚ある場合やケースを持ち運ばなければ
いけないときは、レンズケースを何個も用意し、交互に
使いましょう。

レンズケースはプラスチック製が多いため、長い間使用
していくと細かな傷も付いてくるため、衛生面からも2〜3ヶ月で
買い換えた方がよいと思います。

コンタクトレンズを購入する際に、レンズケースについての
ケア方法の説明を受けるようになっていますので

妥協せずにしっかりとしたケアを心がけなければ、細菌や異物に
蝕まれるのはあなた自身の目だということを理解しましょう。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。