コンタクトレンズのメーカー

コンタクトレンズのメーカーと言えば、あなたは何を
思い出しますか。

「ワンデーアキュビュー」という使い捨てコンタクトレンズ
は一度は耳にしたことがあると思います。

この使い捨てコンタクトレンズは日本をはじめ世界65ヶ国
で販売されており、2010年現在でコンタクトレンズシェア
No.1を誇っています。

この「ワンデーアキュビュー」を販売しているのは
アメリカ合衆国に本社を置くジョンソン&ジョンソン社です。

ジョンソン&ジョンソンはそのネームバリューはもちろん
家庭用のバンドエイドから医療機関で使用する医療機器や
薬剤などの製造販売もしているため、長年培った医療製品
のノウハウを活用し、コンタクトレンズ部門でもその実力を
発揮しているのです。

その他にも日本で初めてコンタクトレンズの研究を行った
東京コンタクトレンズ研究所を礎とする「シード」や
同じく日本初の角膜コンタクトレンズの実用化に成功した
実績を持つ「メニコン」などが有名だと思います。

また、2009年に日本のコンタクトレンズ小売市場において
金額シェア第3位へ躍進を遂げたクーパービジョン。

クーパービジョンは2005年にオキュラーサイエンス社
と合併し、その後使い捨てコンタクトレンズを主力製品として
急成長しています。
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。