ソフトコンタクトレンズとは

コンタクトレンズには大きく分類してハードコンタクトレンズと
ソフトコンタクトレンズの2種類があります。

ソフトコンタクトレンズの特徴として挙げられることは、主に
ビニールのような柔らかい素材で出来ており、水分を比較的多く
含む性質のため、装着感はハードコンタクトレンズと比較すると
快適です。

基本的に黒目よりも大きいサイズであり、ずれにくく外れにくい
ため激しい運動をするときに適しています。

しかし、ソフトコンタクトレンズは汚れがつきやすいため、
毎日の洗浄と消毒の手間がかかります。

汚れたレンズをそのまま装着していると、細菌が繁殖し、
眼病を起こしてしまうのですが、その事自体に気付きにくい
という問題もあります。

含水率の高いレンズのため、眼障害があった場合でも
ソフトコンタクトレンズは多少の違和感があるものの、
装着できてしまうのです。

そのため、眼障害が重症化していくこと多く、最悪
失明するケースが多いのもソフトコンタクトレンズの使用者
であるようです。

しっかり毎日のケアをすれば問題ないのですが、ついつい
妥協してケアを怠ってしまうときもあると思います。

そういう人のために、ソフトコンタクトレンズには
使い捨てタイプのものがあり、1日装着すれば、寝る前には
捨ててしまい、次の日からは又新しいレンズを装着するという
ことができます。

もちろん、ひとつのソフトコンタクトを毎日洗浄消毒し、
使い続けることでコストを抑えることはできます。

どちらの使用方法が自分に適しているかは、あなた自身が
分かっていると思います。

大切な自分の目の事なので、自分に合ったものを選んでください。
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。