ハードコンタクトレンズとは

ハードコンタクトレンズ

コンタクトレンズには大きく分類してハードコンタクトレンズ
ソフトコンタクトレンズの2種類があります。

ハードコンタクトレンズの特徴として挙げられることは、
材質が硬質プラスチック性であるため、耐久性に優れ、
加工もしやすいという点です。

しかし、その材質上酸素を通さないため、装着時の違和感が
大きく、長時間の装着には適さないものでした。

その弱点を補うべく、現在のハードコンタクトレンズには
酸素透過性レンズと呼ばれるレンズが使用され、装着後に
瞬きでレンズが動き、涙の入れ替わりを利用して、涙の中の
酸素を角膜に供給できるようになっています。

ハードコンタクトレンズは丈夫であるため、長く使用すること
でコストを抑えることもできます。さらにその耐久性の高さ
からレンズのケアも比較的簡単だと言えます。

又、ソフトコンタクトレンズと比較すると依然装着時の
違和感が残るのですが、ハードコンタクトレンズは角膜に
異常があれば、痛みが大きいため眼障害がひどくなる前に
治療を受けることができます。

乱視矯正については、ハードコンタクトレンズが適している
と言われますが、外れやすいという欠点もあります。

このような特徴を踏まえ、自分のライフスタイルの中で
問題がないかどうかをよく考えて、コンタクトレンズを
選びましょう。
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。